斎藤です。

最近話題の仮想通貨の存続に不可欠な○○○ファイルを無限量産する方法

というノウハウについて質問をかなり多く頂きますので簡単にこちらの記事でまとめました。

この記事を読めば確実に 川田陽介さんのノウハウに対しての疑問や不安や悩みは解消されますので最後までお読みください。

 

川田陽介という人物は?

川田陽介さんは、仮想通貨の存続に不可欠な○○○ファイルを無限量産する方法 の販売者です。

情報商材の中でも最近 有益なノウハウが次々にリリースされている中でも 最近ちょっと耳にするノウハウなので僕も検証する事にした次第です。

販売ページの概要

  • 仮想通貨の存続に不可欠なファイルを無限量産して稼ぐ方法
  • 販売者は200万円以上の収入を得ている。
  • 3つのツールを利用して稼いでいく。
  • 1つのファイルにつき100回前後(1回1分程度の作業)

 

一つの仕組みからは少額でも継続的な報酬になるという話らしいです。

 

仮想通貨の存続不可欠なファイルは何なのか?

例えば想像つくもので言えば、

  • ブロックチェーンのデータ:仮想通貨の取引履歴はブロックチェーンという分散型の台帳に記録されます。このデータは仮想通貨の運営にとって中心的な役割を果たします。
  • ウォレットの秘密鍵:仮想通貨の所有権を証明するための秘密鍵は、取引を行う際に必要となります。この秘密鍵を失うと、その仮想通貨にアクセスすることができなくなります。
  • ネットワークのノード:仮想通貨のネットワークは、世界中のコンピューター(ノード)によって構成されています。これらのノードが取引の検証や新しいブロックの追加などの作業を行います。
  • マイニングのソフトウェアやハードウェア:新しいブロックを追加するための計算作業(マイニング)を行うためのソフトウェアやハードウェアも重要です。
  • プロトコルやソフトウェアのアップデート:仮想通貨のプロトコルやソフトウェアは、セキュリティの向上や新機能の追加などのために定期的にアップデートされることがあります

 

これらの情報が想像できますが どれも個人で量産できるものではありません(笑)

ということで、読み進めるとすぐに分かりましたがヒントは、僕の好きなものです(笑)

 

ファイルを量産する事は簡単なのか?

実際にファイルを量産する事は中級者~なら普通に現実的です。

一般の人はそこまで量産しません。

 

しかしこのノウハウは、「無限量産する」という流れから効率よく増やす部分が肝であり、その流れは非常に再現性の高いものでした。

1時間で作るのは難しいにしろ、この方法なら1日に1個、あるいは1個半は可能で、慣れれば2個、3個は可能だと言えます。

ただ作れても事実上1日に制限があるケースもあるのでせいぜい3つが関の山。

ただ言える事は、毎日3個作る人は、殆ど見た事がありませんが、多分居るのでしょう。

 

作業的には、僕の感覚ではブログやサイトを作るよりも1個1個の仕組みにENDがあるのでハードルは低いと思います。

 

ブログやサイトアフィリやSNSと比較!ブログやサイトやSNSは無限継続が必要になる

ブログアフィリやサイトのアフィリやSNSなどの場合は、無限に継続しなければいけません。

 

SNSのメリットとデメリット

SNSの場合はリアルタイム性はメリットですがデメリットとしては、常に更新し続ける必要がなくエンドレスな所です。

僕の中では、関わる分野ではないかな?と感じてます(笑)

 

ブログやサイトのメリットとデメリット

ブログやサイトのメリットはある程度の継続性がある事でSNSと比較しても毎日更新しなくても継続的にアクセスが集まり、しかも報酬に結び付き易いです。

ただ、更新を停止すると順位低下、アクセス低下で報酬が落ちる傾向もありますが、

オロチテクノロジーエディション のように自動で拡張する機能があるツールなら、本当にほったらかしでも収入が上がるサイトを作れます。

もちろん月に数回のメンテは必須ですが ある程度のENDがあるわけです。

 

そういう点では川田陽介さんのノウハウは、一度作れば、ある程度の継続性が見込める可能性は高く、さらにそれを量産する事で合理的に継続性は担保できると言えるでしょう。

 

「なんか面白そうだな」

そう感じたなら一度こちらの記事も目を通してみて下さい。

「購入前必読!」川田陽介 仮想通貨の存続に不可欠な○○○ファイルを無限量産して稼ぐ方法 をレビュー!

では、今日はこの辺で^^

おすすめの記事