フィデリティ.JAPAN という案件はご存知ですか?

 

「最先端の運用システムで経済的自由な未来を掴みましょう」と謳っているのに具体的な説明をしておらず、どのようにして稼げるのかイメージすら湧きません。

 

ヤス
ヤス
ふざけているのでしょうか・・・。

本記事では、フィデリティ.JAPANという知識・経験0でも安心。完全無料の初期費用、手数料も0円!の副業に潜む危険について解説していきますが 結論を最初にいうと 関わらない事が大事です^^;

 

フィデリティ.JAPAN 株式会社monokoko

 

フィデリティ.JAPAN特定商法に関する表示

販売会社:株式会社monokoko

代表取締役:石塚 憲史

所在地:LEVEL 5, 11 & 17, SILVERCORD, TOWER 2 30 CANTON ROAD, TSIM SHA TSUI

メールアドレス:[email protected]

 

フィデリティ.JAPANとは

斎藤です^^

 

登録ページは御覧になられましたか?

 

 

フィデリティ.JAPANは、知識や経験必要なく完全無料で投資の運用ができる最先端のAIシステムというもの

 

フィデリティ.JAPAN は、勝率90%を超える最新の投資システムを謳っており、完全無料で利用できることを売りにしています。

しかし、実際には無料のシステムは価値がなく、騙される可能性が高いです。

 

フィデリティ.JAPAN の中身とは

フィデリティ.JAPAN は、バイナリーオプションの自動売買システムを販売している業者です。

現在はモニター募集期間なので、初期費用0円で利用することができ、さらに、運用資金として10万円が提供されるようです。

 

作業は非常に簡単で、ボタンをクリックするだけです。

勝率が90%を超えると誇大広告していますが、虚偽広告かもしれません。

 

フィデリティ.JAPANに登録してみた結果

フィデリティ.JAPANに会員登録すると、登録したメールアドレス宛にシステムへのログインURLが送信されます。

URLからログインすると、すでに運用資金として10万円がチャージされており、すぐに取引を行うことができます。

利用方法は非常に簡単で、ベット額を入力し、購入ボタンを押すだけです。

数秒後に結果が反映されますが、モニター会員用のシステム画面はデモ版です。

 

デモ版のため出金できない

資金を出金しようとすると、口座情報未登録という表示が現れます。

その場合はフィデリティサポートLINEにお問い合わせくださいと説明があります。

問い合わせたところ、モニター登録した会員に配布されたシステムはデモ版であり、チャージされた資金は仮想的なものであることがわかりました。

 

実際にシステムを利用する場合には本会員への登録料金が必要で、結局のところ費用がかかる仕組みです。

したがって、フィデリティ.JAPANの誇大宣伝に注意しましょう。

初期費用0円という宣伝は嘘であり、安易にお金や個人情報を提供することは避けるべきです。

 

フィデリティ.JAPANの口コミ・評判を検証してみた結果

出会い系に誘導される可能性があるため、フィデリティ.JAPANの利用は避けたほうが賢明です。

また、フィデリティ.JAPANの口コミ・評判もほとんどが低評価です。

インターネットのレビューサイトで調べると、「詐欺の可能性がある怪しい業者」という評価が多いです。

信頼性の低い副業業者と関わることは非常に危険ですので、他の安全な選択肢を探すことをおすすめします。

 

フィデリティ.JAPANには大手証券会社から警告された?

フィデリティ.JAPANという名前を見ると、何かで聞いたことがあると感じた方も多いかもしれません。

それは大手証券会社の「フィデリティ証券」と名前が酷似しているためです。

おそらく、フィデリティと名乗ることで、人々が勘違いして信頼してくれるだろうという思惑から、同じ名称を使ったのかもしれません。

この問題が大きくなり、フィデリティ証券は公式サイトで警告文を掲載するほどの事態にまで発展しています。

 

引用元
https://www.fidelity.jp/site-info/attention/

 

フィデリティ.JAPANの会社情報

フィデリティ.JAPANの販売業者である「株式会社monokoko」について調べてみましたが、国税庁の法人番号公表サイトには登録されていませんでした。

さらに、所在地も香港となっており、香港で登記されているのになぜ「株式会社monokoko」と名乗っているのか疑問です。

通常、英字表記になるはずです。

いずれにせよ、会社の存在すら確認できない状況では、絶対に関わるべきではありません。

 

金融庁への登録が確認できない

金融庁では、投資商品の取り扱いには登録が必要ですが、システム販売の場合は登録が不要なこともあります。

 

以下は金融庁からの注意喚起です。

日本の居住者を相手に、株取引やFX取引、暗号資産取引などの金融商品取引業・暗号資産交換業を行う者は、日本の法令に基づき、登録を受ける必要があります。
 登録にあたっては、虚偽表示や誇大広告の禁止や投資者等から預かった資産の分別管理、トラブル時の対応窓口の設置、システムの安全稼働のための管理など、投資者等の保護のための態勢を整備することが求められます。
 登録を受けていない「無登録業者」は、投資者等の保護のための態勢が確保されているか当局では確認できず、登録を受けている業者と同等の態勢が整っていない可能性が高いと考えられます。また、預けた資金を出金しようとしたときに、これまで出金ができていたにもかかわらず、出金の拒否や法外な出金手数料を請求されたりするほか、これまで連絡が取れていたのに急に連絡が取れなくなるなどといったトラブルに遭ったという声が多く寄せられています。

引用元URL https://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/highrisk.html

 

海外業者であっても金融庁に登録することが必要です。

しかし、「株式会社monokoko」は無登録で営業していました。

公式サイトには「マーシャル諸島共和国の事業会社法の規定のもと認可を受けている」と書かれていますが、証拠は一切ありません。

所在地が香港なので、非常に不審な行動です。

 

フィデリティ.JAPAN の評価と非推奨理由

フィデリティ.JAPAN の調査結果では、優れたポイントや推奨できるような特徴は見当たりませんでした。

 

まとめると、完全無料を謳い集客しているが実際に利用するには費用がかかる、運営会社は法人番号公表サイトには登録されておらず、会社の存在が確認できない、香港での所在地にもかかわらず、マーシャル諸島共和国で認可を受けているなど、信用性に問題があります。

お金と時間を費やしてまで挑戦するべき副業はありますが、検証結果から考えると他の副業業者を探したほうが良いです。

 

フィデリティ.JAPAN に限らず、他にも数万もの副業商材が存在するため、無理にこちらに固執する必要はありません。

自分に最適な副業を選ぶためには、慎重に比較検討を行いましょう。

詐欺被害などのトラブルを避けるためにも、情報の正確性と安全性に注意を払いましょう。

 

「フィデリティ.JAPAN 」には、くれぐれも気を付けて下さいね^^

おすすめの記事